理想の花嫁になるためのウエディングドレスの選び方

丈の長さや袖の有無で雰囲気が変わる

ドレスの丈でイメージチェンジ

昔はウエディングドレスと言ったらロング丈の一択でしたが、近年ではミモレ丈やミニ丈のドレスを多く目にするようになりました。
どの丈が一番いいのか、迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかくなら、丈も最適なものを選びたいですよね。

カジュアルで元気な印象を持たせたい方は、ミニ丈という選択肢もあります。
とにかく動きやすいので、式や披露宴はロング丈にした方でも、二次会にミニ丈のドレスを選ぶことが多いようです。

流行でもあるミモレ丈は上品さを残しながらも動きやすく、また、ウエディングシューズを見せることができます。

定番なのはもちろんクラシックなロング丈のドレスです。
職場の上司や、年配の親戚が多く出席する式でも安心して着ることができます。
また、厳粛な教会で式を挙げる場合などは、「なるべく肌を見せない方が望ましい」とされるので、ロング丈を選ぶといいでしょう。

長袖が流行!袖によって雰囲気が変わる

有名な方が長袖のウエディングドレスを着たことによって、長袖のクラシックなウエディングドレスの人気が再燃しているようです。

ウエディングドレスは、袖の長さによって雰囲気が変わります。
袖なしのドレスは数も多く素敵ですが、袖ありのものも検討してみてはいかがでしょうか。

本来厳粛な式であった結婚式で、一番格が高いのは長袖のドレスです。
腕が隠れるので、冬の結婚式やかっちりした雰囲気にしたい方に人気なようです。
また、タトゥー・傷跡がある方でも安心して式を行なえます。
ただし、レンタルではサイズ調整が難しく取扱いが少ないため、中に着る長袖ボレロなども検討して選ぶといいと思います。

半袖、七分袖などは、肩幅をカバーしてくれます。
また、ドレスと一体になっているものは、腕を見せつつもドレスのずれ落ちを防いでくれます。

デザインと機能性を考えて選んでみましょう。


このPostをシェアする